春日部市(北春日部)の歯医者 グリーン歯科カネコ

048-763-4618

口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは、大人の歯(永久歯)の中でも、最後に生えてくる歯です。

身長や骨格など、骨の成長が止まった後に生えてこようとするために、親知らずが生えてくるためのスペースが不足し、歯がきれいに並ばなかったり、斜めや真横に向いて生えてくることで、手前の歯や噛み合わせの相手となる歯と衝撃の強い当たり方をしている場合もあります。

また、歯ブラシがうまく当たらないことで汚れがたまりやすく、虫歯の原因になったり、それにより口臭の原因になったりします。
また、痛みや腫れを繰り返すなど、デメリットが多い歯でもあります。

治療についてですが、必ず抜歯をするということではなく、抜歯をせず、痛みなどの症状を抑える方法もあります。抜歯をする場合でも、痛みや腫れを軽減するための工夫を行っておりますので、親知らずでお悩みの方はご相談ください。

歯軋り

寝ている間に歯をギリギリとすり合わせたり、カチカチと鳴らしたり、グググっと強く咬み合わせるのが歯軋りです。

歯軋りがひどいと歯根破折と言って歯が割れてしまうことがあり、最悪の場合、歯を抜かなくてはならなくなります。

当院ではマウスピースを用いた歯軋りの治療を行っております。

顎関節症

口を開けづらい、口を開けると痛い、口を開ける際音がする、などが顎関節症の症状です。

顎関節症の原因は様々で治療法も複数あります。

当院では顎関節症治療のために、マウスピースを用いた治療も行っております。